インテリア

納得のマイホームは兼六ホームで叶えることができる

土地に合った家作りを

インテリア

地方によって気候に違いが

岐阜県は日本の真ん中に位置する県です。山と川に囲まれており、自然が豊かな土地となっています。そんな岐阜県で注文住宅を建てるという場合、北の地方と南の地方どちらに住むかで家の設備などを整えなければいけません。岐阜県は北と南で、気候に大きな違いがあります。北のエリアは冬は氷点下となり、雪も大量に積もる寒い地域です。ですので、注文住宅を建てる際は気密性や断熱性を高め、寒さ対策を十分に行う必要があります。また、屋根に積もる雪も対策できるよう、屋根のこう配も考える必要があります。岐阜県の南エリアは平野部も多く、北のエリアよりは温暖です。ですが、平野部という事もあり夏場は、かなり気温が上がります。南のエリアで注文住宅を建てるという際は、夏の暑さ対策を行いましょう。

自然素材の家がおすすめ

岐阜県は森林が多く、自然がとても豊かです。そんな岐阜県で注文住宅を建てるという場合、自然素材をふんだんに使ってみるのも良いかもしれません。自然素材を使った注文住宅は、見た目・触り心地がとてもナチュラルです。例えば床材を天然の木材から作られた無垢のものにすれば、足が触れた時に自然な温かみを感じられます。また無垢材は熱の伝導率が悪いという事もあり、断熱効果にも優れているという点が特徴的です。壁は漆喰にするなどの工夫を行えば、さらに自然に馴染む家となるでしょう。自然素材による注文住宅は、自然を身近に感じられるという事もあり、リラックス効果も期待出来ます。それだけでなく、シックハウス症候群から体を守るといった事も、自然素材でなら可能です。